« 『崖っぷち犬』報道の功績。 | メイン | 「信じる」って、どうやればいいんだ? »

悪魔の学校

ヒマなときに延々と考えてしまう具にも付かない「くだらないこと」がいくつかあって、その中のひとつに、
「落ちこぼれた天使は悪魔(堕天使)になるけど、悪魔って落ちこぼれないのかな?」
ってのがある。
…。
たとえばね、悪魔の世界に次世代を担う悪魔を育成する「悪魔学校」ってのがあるとすると(そりゃ学校くらいあるだろう)、いったいどういう生徒が優秀なのか?
悪魔の世界では当然「悪」が推奨されているはずで、学校の授業でも、最初は簡単な悪(膝カックン程度)から、徐々に高度な悪(大量虐殺レベル)までカリキュラムが組まれているんだと思う。
でも、そういった授業についていけない「落ちこぼれ」も必ず出てくると思うんだよね。
だとすると、悪のテストでいつも100点を取る優等生と、落ちこぼれ連中とでは、いったいどちらが本当の「悪」なんだろう?
テストで満点を取るような、「悪とは、かくあるべし」という、規範に実直であることは、むしろ「善」なんじゃないだろうか?
それよりも、たとえば、先生に隠れて電車でおばあさんに座席を譲ることのほうが、悪魔世界にとってはよほど「悪」なんじゃないだろうか。
…。これ、突き詰めて考えると、面白い結論にたどり着けそうな予感がする。
引き続き考えてみよう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://strangelove.jp/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

About

2006年11月30日 02:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『崖っぷち犬』報道の功績。」です。

次の投稿は「「信じる」って、どうやればいいんだ?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by MovableType