オンラインショップ 観葉植物 エアープランツ ティランジア イオナンタ 1株 448円 (観葉植物)エアープランツ ティランジア イオナンタ(1株) 花、ガーデニング 観葉植物 /kelpy770373.html,(観葉植物)エアープランツ,448円,ティランジア,strangelove.jp,花、ガーデニング , 観葉植物,イオナンタ(1株) オンラインショップ 観葉植物 エアープランツ ティランジア イオナンタ 1株 /kelpy770373.html,(観葉植物)エアープランツ,448円,ティランジア,strangelove.jp,花、ガーデニング , 観葉植物,イオナンタ(1株) 448円 (観葉植物)エアープランツ ティランジア イオナンタ(1株) 花、ガーデニング 観葉植物

オンラインショップ 観葉植物 エアープランツ 日本全国 送料無料 ティランジア イオナンタ 1株

(観葉植物)エアープランツ ティランジア イオナンタ(1株)

448円

(観葉植物)エアープランツ ティランジア イオナンタ(1株)

_kame _interior _hachu _gardening インテリア インテリア・雑貨 ガーデニング 観葉植物 園芸 ガーデニング ビバリウム アクアテラリウム パルダリウム 両爬向き植物 パイナップル科 ハナアナナス属 着生植物 エアブロメリア エアプランツ ティランジア チランジア Tillandsia ionantha エアープランツ苗 株 Tillandsia_series muryotassei_600_699 Tillandsia greepla10bai1406 植物 植物生体 ガ

商品総額税込み5980円以上で沖縄県を除き基本送料無料。直送品、タイム便、中型商品、冷蔵・冷凍、代引き、銀行振込、コンビニ決済は別途手数料がかかります。送料・手数料の詳細についてはこちらをご確認ください。メーカー:
土が不要で簡単に育てられる不思議な植物!上手に育てれば美しい花も楽しめます!
エアープランツは空気中の水分を吸収することによって生長するパイナップル科の植物の総称です。土に植える必要がない為、室内の様々な場所で気軽に飾ることができます。管理は週に一度、霧吹きで株全体を湿らす程度なのでとても簡単です。お好みの器などと組み合わせれば、オシャレなインテリアプランツの完成です。
ティランジア イオナンタ (1株)
本種の特長 葉の表面に持った白い鱗片(トリコーム)で霧中の水分や養分を吸収する銀葉系の仲間です。小型でバランスの取れた株姿から人気で、最も良く普及している種のひとつです。高温低温、乾燥にも比較的強く、初心者の方にもお勧めです。
学名(※) Tillandsia ionantha (※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。
商品サイズ(約) ●幅7〜9cm × 高さ5〜7cm程度 ※入荷状況や生育度合いにより、サイズは前後いたします。あくまでも目安としてご覧下さい。
ご注意 ※画像はイメージです。撮影小物等は付属いたしません。 ※入荷状況やお届け時期により花の有無は異なります。予めご了承下さいませ。※イオナンタは草姿に数タイプあり、入荷状況等により若干異なる場合がございます。画像は一例です。 ※葉の一部に燐片が剥げた部分や折れ傷、穴あき、キズがある場合があります。また葉先が茶色くなっている場合がありますが、植物全体が枯れているわけではございません。 ※植物の特性上によるものです、ご了承の上お買い求めください。
エアープランツとは?
 エアープランツとは、空気中の水分を吸収することによって成長する植物の総称です。ティランジア(チランジア)やフリーセアの仲間が有名で、その多くは南米を中心に分布しており、現地では木や岩などに着生しています。大きく「緑葉系」、「銀葉計系」の二つに分けることが出来ます。・銀葉系:葉の表面に持った白い鱗片(トリコーム)を持ち、これにより空気中の水分や養分を取り入れる仲間・緑葉系:葉の根元に水をためるタンクをもつ仲間 土を必要としないため、種類や環境を考えればテーブルの上や出窓などさまざまな場所で飼育を楽しむことが出来ます。【エアープランツの育て方】◆水やり エアープランツと呼ばれてはいますが、水やりを忘れると枯れてしまいます。週に2、3度霧吹きで水を与えましょう。その際、気温の高い日中に水やりをしてしまうと株元が蒸れ腐敗の原因となってしまいます。夕方〜夜に水やりを行うと良いでしょう。夏季や冬季には成長が遅くなるため、水やりは控えめにしてください。葉がしおれる、葉の先端が枯れてしまうなどの症状が出たら水分が不足している可能性があります。その際は、株を数時間水に浸すソーキングを行いましょう。ただし、ソーキングをした後は良く水を切らないと株が腐敗する原因となりますのでご留意下さい。◆置き場 エアープランツは蒸れにとても弱い植物です。夏場の蒸れやすい時期には、換気をまめに行う、扇風機で風を回すなどの工夫が必要です。また夏場は日差しが強いため、カーテン越しの光で管理したり遮光ネットで光を遮るなどの工夫も必要となります。光の良くあたる場所で管理していると、株の色が上がり花芽もあがりやすくなります。高地に自生している植物なので寒さには比較的強いですが、5℃を下回るような環境は避けた方が良いでしょう。種類によっては、株の根元が入る程度の鉢にバークや軽石などを入れ、その上に株を乗せた方が成長がよくなるものもあります。基本的に水を好む種はこのような管理方法の方が良いでしょう。◆増やし方 花が咲いた後のエアープランツは大体1〜2の子株を生じます。そのまま育成を続け有る程度成長したら株分けを行いましょう。また、株分けをせずに群生する様子を楽しむのも良いかもしれません。また、エアープランツは比較的種を取りやすい種類が多いです。種が採取できたら、ヘゴ板やコルク板に蒔き水やりをし続ければたくさんの子株を得ることが出来ます。ただし、成長には数年〜10年以上の年月がかかるため注意が必要です。◆注意 ※生産者のタグが付いていることがありますので、外す際に葉や株が外れないようにご注意下さいませ。
ガーデニングの用語一覧
葉水(はみず)⇒霧吹きで葉に水を吹きかけること。空中湿度を保ったり、葉の温度を下げるなどの目的で行う。元肥(もとごえ)⇒植物を植える際、あらかじめ用土に加えておく肥料のこと。追肥(ついひ)⇒植物を育てている途中で補給する肥料のこと。もしくはその肥料を補給すること。お礼肥(おれいごえ)⇒花を咲かせたり果実を収穫した後の、植物を回復させる為に与える肥料のこと。主に速効性化成肥料を用いることが多い。寒肥(かんごえ)⇒冬に農作物や庭木に施す肥料のこと。主に遅効性肥料(有機質肥料)を用い、休眠期に土中で分解させておくことで、春にちょうど良い具合に効き始め効果が持続する。根腐れ(ねぐされ)⇒水や肥料を与えすぎたり、水はけが悪いなどの原因で根が腐ること。根腐れを起こした植物は、悪臭を放つ場合がある。葉やけ(はやけ)⇒直射日光の当てすぎで、葉が変色したり、枯れたりすること。短日処理(たんじつしょり)⇒暗期が一定時間より長くなると開花が促進される植物(短日植物)に、光の当たる時間を調整すること。苞(ほう)⇒葉が変形したもので、つぼみを包んでいた葉のこと。花を保護する役割がある。

(観葉植物)エアープランツ ティランジア イオナンタ(1株)

4つの目標

  • 患者本位で安心・安全な医療の提供
  • 人間性豊かで有能な医療人の育成
  • 先進的な医療の開発と提供
  • 地域医療への貢献

医 科

[初 診]
予約制:
午前8時30分~正午
眼科は午前10時30分まで
[再 診]
午前8時30分~午前11時

歯 科

[初 診]
予約制:
午前8時30分~正午
小児・障害者歯科、矯正歯科、予防歯科は午後4時まで
[再 診]
予約制