twinklestar

strangelove.jp/index.html

すべてのひとはその人自身のベストを尽くしている。

信じられないかもしれないが、
人は、(たぶん犬や猫やほかの生き物も)どの瞬間でも
自分に可能な「1番いい」ことをやっている。
というよりも、それ以外、することができない。
なぜなら、たとえばだれかが、
自分の中で「2番目にいい」と思ったことをした、とする。
だが、そうしたということは、その「2番目にいい」ことをすることが
「1番目にいい」ことをするよりも"いい"と判断したわけで、
ならば、それはすでに2番から1番に格上げされたことにほかならず、
実際は自分ができる1番いいことをやっているのだ。
このように、2番目以下の行動は原理的に不可能なのである。
つまり、

すべてのひとが、すべての瞬間、そのひとにとっての「1番いい」ことをやっている。

人々の尊敬の対象となる素晴らしい努力家に限らず、
すべてのひとが常に自分のできる限りのベストを尽くしている。
いや、努力家どころか、たとえそれが人類最低のロクデナシでも、だ。
どれほど素晴らしい行いも、どれほど愚劣極まりない行動も、
その人にとって結局そうするほかなかったのだ。

strangelove.jpホームHOME