strangelove.jpトップへ

解読
少女革命ウテナ

3.『ウテナ』の虚構論

ギャグアニメも含めて、これほどまでに虚構を強く押し出したアニメ作品は稀である。
けれど「アニメとは虚構である」というあたりまえのことをことさら強調する必要などあるのだろうか。
実は、この一見あたりまえに思えることが、簡単に自明であるといえないほど現在の日本のアニメは成熟している。たとえば小説や映画を鑑賞する際に(まともな作品ならば)「これは虚構である」などといちいち意識しないように、アニメもまた、その本質である虚構性を視聴者に意識させないレベルにまで洗練されていったのである。
たしかにそれはアニメ製作者の技術と努力の素晴らしい成果であり、また、アニメ独自の特殊な文法(表現方法)も自然に受け入れられるほど日常的にアニメが普及した結果でもあって、そのこと自体は大いに肯定されるべきだろう。
だが、(アニメに限ったことではないが)虚構の文化が洗練されるには副作用も伴う。“虚構が洗練される”とは、ようするに嘘をつく技術の進化であり、元の虚構の無骨さや不自然さを隠すために、その世界を幾重にも虚構で上塗りするようなものなのだ。つまり、アニメが“作品のリアリティ”を追求し、完成度を増すごとに、逆に実際のリアルから隔絶された閉塞的な別世界が形成されてしまうのである。

けれど、『少女革命ウテナ』という作品は“閉ざされた世界からの脱出”ということが重要なテーマである。ならば、そのことをアニメを通して語るためには、まずアニメ自体が閉ざされた世界であるという、この根本的問題から解決されなければならない。

虚構の構造

『少女革命ウテナ』の虚構は複雑な入れ子状の多重階層で構成される。少々強引ではあるが、それを単純に三つの階層に分類してみた。

 第1階層の虚構〜虚構宣言〜

最も浅い階層は、物語の外部から示されるメタ的な虚構であり、虚構であることを自ら宣言する虚構である。
具体的には“画面の四隅で回転する薔薇”や“指差しアイコン”、遮断機などの“不条理な背景”、「どうせアニメでしょ」というセリフなどがそれにあたるだろう。
この虚構の効果はおもに“破壊”であるが、意味としては二つある。それは“閉ざされた世界を開くための破壊”、そして“創造のための地盤作りとしての破壊”である。

『少女革命ウテナ』のテーマが語られる上で障害となっている“閉じたアニメ世界”だが、これはすでに述べたように、アニメ自身の虚構性を隠そうと幾重にも重ねられた虚構が原因である。だが、いくら隠したところでアニメの虚構性という本質は変わらない。ならば、その隠された本質である虚構性そのものを暴露することで、アニメ世界の閉塞性は破壊されるはずである。

これと似た手法で真っ先に思い浮かぶのは『新世紀エヴァンゲリオン』最終話の「アフレコ台本をそのまま映す」といった過激な表現だろう。ただし『エヴァ』の場合は、その目的が『エヴァ』という作品自身も含む自虐的な“虚構世界の破壊”であったため、破壊の対象となる物語の完成を待ってから、最後に一度だけその爆弾は投下されることになる。
しかし『ウテナ』の場合は、最初から、そしてその後も念を押すように何度となくその手法は繰り返される。この違いは『ウテナ』にとって“閉じたアニメ世界の破壊”が即、“作品世界の破壊”にはつながらないことを意味する。というより、むしろ白日の下に晒された虚構性を土台として『少女革命ウテナ』という物語は構築されていくのである。

 第2階層の虚構〜物語世界〜

『少女革命ウテナ』にとっての虚構とは、必ずしも否定の対象ではない。破壊された“閉じた虚構”の後に、開かれた、剥き出しの虚構が物語として展開される。
(D∧¬D)⊃A これは「矛盾からはなんでも出てくる」という論理学の定理だが、『少女革命ウテナ』がその異常な物語を軽やかに展開できるのも、これと似た理屈によるだろう。つまり最初に虚構(矛盾)を前提とすれば、後どんな不条理でも引き出すことが可能になるのである。
このように、新たに開かれた物語世界の基盤の上で自在に展開される異常なシーケンスやキャラクターたち、たとえば、“影絵少女”、“チュチュ”、“牛になった七実”、“暴れカンガルー”などはもちろん、“ディオスや暁生”、“ウテナとアンシー”など作品中のほぼすべてがこの2番目の階層である虚構の物語世界に位置づけられる。

 第3階層の虚構〜物語世界内の虚構〜

最後の第3階層の虚構とは、『少女革命ウテナ』という物語世界の中で虚構とされる虚構である。
すなわち、作品終盤に鳳暁生が明かす「ほんとうは存在しない幻」のことで、具体的には、“王子”、“決闘広場”、“空に浮かぶ城”、さらには“永遠”、“奇跡”などの「こうあってほしいという青臭い願望」のすべてである。
だが、これらは、はたしてこの物語中で虚構であることができるのだろうか?
というのもこれまでの説明のとおり、前提として虚構が宣言された物語空間はいわば「なんでもあり」の状態で、永遠だろうが空に浮かぶ城だろうが、ありえないことなどひとつもないはずだからである。

虚構が虚構としてその姿を現すのは、現実との対比においてのみである。先に述べたようにこの作品は物語の最初から、そしていたるところで虚構であることをさらけ出してきたが(第1階層、メタ的な虚構)、それはつまりアニメというメディアと“この現実”との対比による虚構の確認である。だがそれによってこの物語自体は“この現実”と一切関係が断たれたまま進行することになり、したがって、この物語中に“虚構”を示そうとしても、その根拠として対比させるべき“現実”が存在しない状況になってしまうのだ。
ではどうすればいいのか?
虚構であることを指摘する根拠となる別の“現実”を、物語の中に新たに創ればいいのである。

「〜今君に、現実を見せてやろう。」鳳暁生はそういって、ウテナに理事長室とプラネタリウムのカラクリを示す。すなわちこれが物語の内部に創られた“現実”である。“理事長室”、“虚構を映すプラネタリウム”、“鳳学園”など、これらを物語内部の現実とすることで、それとの対比によって“空に浮かぶ城”、“永遠”、“奇跡の力”などが改めて「虚構である」と主張できるのだ。
つまり、虚構の物語世界内に虚構を創ることとは、虚構の中に現実を創ることなのである。

矢印の示す先

『少女革命ウテナ』における虚構の構造については以上である。
だが、最後の“虚構内に創られた現実”である鳳学園から脱出する意味について、もう少し考えてみたい。

この作品の感想としてよく聞かれるのが、
「鳳学園というバーチャル世界からの脱出は、つまり、アニメやゲームなどのバーチャル世界に入り浸っているオタクたちへの、現実に戻れ、というメッセージだ」
といったような意見だろう。もっともらしく聞こえるが、まったくの見当はずれな解釈である。
なぜなら、そのようなメッセージ「大人になれ。虚構に惑わされるな。現実を見ろ」とは、まさにこの作品中の鳳暁生の主張そのものだからだ。鳳暁生とその世界、鳳学園が最終的に超克される物語が、そんなメッセージを訴えているはずがないのだ。
鳳暁生とはディオスという虚構に対しての、現実という意味を持った役どころであり、またすでに述べたとおり、暁生が君臨する鳳学園の巨大プラネタリウムとは、物語中の虚構を示す根拠となる現実である。当然鳳暁生も鳳学園も現実そのものではありえないが、このすべてが虚構だらけの作品で、意図的に配置された数少ない現実の象徴なのである。
したがって、鳳暁生を超えて学園を出る、というこの物語は、虚構からの脱出などではなく、逆に現実からの脱出であると理解すべきで、だからこそそれは“革命”と呼ばれるのだ。

さて、ここでまた『新世紀エヴァンゲリオン』と『少女革命ウテナ』の比較に戻る。
前述の「アニメは虚構である」という事実を物語が終わる寸前で暴力的に暴露した『エヴァ』の場合、確かにそれは「いつまでも虚構に引き篭もるな、現実を見ろ」というメッセージだっただろう。だが『ウテナ』にとって「アニメは虚構である」ことは物語を語る上での出発点、つまり前提なのである。だからすでに前提として述べていることを、わざわざ結論として主張したりしないのだ。

『エヴァ』の庵野監督と『ウテナ』の幾原監督では、現実に対する認識が決定的に異なっているように思われる。庵野監督が『エヴァ』のラストで「目を覚まして現実を見ろ」と堂々と“この現実”を主張できたのに対して、幾原監督の根底には、絶対的、普遍的なものと誰もが信じて疑わない“この現実”そのものへの強い不信感が感じられる。
『少女革命ウテナ』の矢印が指し示す先は、一度開かれた“この現実”を素通りして、もう一度作品内部へ、鳳学園という“虚構の現実”へと向かう。“王子”、“永遠”、“奇跡”のどれもが不在という、どうしようもなく絶望的な世界である鳳学園は、われわれの“この現実”ととてもよく似ている。だが逆に、“この現実”もまた鳳学園と似た“虚構の現実”にすぎないのではないだろうか。だとすれば、この作品がそうであったように、“この現実”においても、ただの“私”が世界を革命できる可能性が開かれているのである。■